スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年06月08日

結果はっぴょー

おはようございます

2日連続、事務所で留守番ですicon22
これだけ時間があるのは、珍しいことで
いいんだか、悪いんだか・・

では、昨日のレシピでどのようになったか
結果発表です



ホップOFFの状態です。
0.2gの弾で計測 85.53です



これが、ホップ最大です
FIRSTさんのレギュレーションが95以下ですので
ギリギリ、いい線いけましたface02
94.79ですね
流速の特徴である、ホップを掛ければ掛けるほど
初速があがる特徴が出ています
ホップ最大で使うことは、まずないですが
最大でも、レギュレーションを超えないようにしないと
万が一がありますからねぇ

少し、弾の回転が気になりましたので
ついでに計測


うーーん、普段使用していたのが
LI-FE 9.9Vでしたが、少し遅く感じました
14.8かぁ・・
30000モーターと8ミリベヤリング軸受け使っているので
もう少し、回転が欲しいところです。。。

そこで、LI-PO 11.1Vを導入



回転が20.13
うん、納得の速度です

ちなみに、ARMY R85のLIFE 9.9Vでの回転です
こちらは、軸受けが6ミリなので
ベヤリングではなく、オイルレス軸受けです
モーターもG&PのM120を使用していますが。。。
10.05ですか・・・
さらに、ピストンの位置によっては、ストップもありました



R85のLI-PO 11.1Vです
18.28ならば、撃ち応えもあると思います。

肝心の飛距離ですが
確実の伸びました
正確な距離は、わかりませんでしたが
大分、伸びてます

理屈は、わからないですけどね(笑)

L85と言っても
中身は、マルイのパーツ互換なので
他の機種でも、流用できると思います。
てなことで、L85の流速製作でした。

それでは、また
時間が空いたとき、何か書きます。


  

Posted by SS-9 at 09:47Comments(0)

2013年06月07日

L85をいじりました

こんにちはface02

なにげに、凄く久しぶりに投稿します。
何も、内容がないブログですが
宜しくお願いします。

ブログの更新は、してませんが
サバゲは、いつものように楽しんでおりました。

最近、よく、ファーストさん主催のブッシュマスターに
お邪魔してますが
ブッシュマスターは、我々のいつものフィールドと違い
交戦距離が長めなフィールドなんです。

射程距離が、いまいち伸びないのを悩んだ結果
本当なのか?オカルトなのか??

流速チューンなるものに手をだしました。

悔しい思いは私だけではないようで
同じチームの、若人も同様だったようで
G&GのL-85A2と、ARMYのR-85A1を
流速にしたいと思います。



上が、ARMYのR85A1(??)
下が、G&GL-85A2
です

R-85のコッキングハンドルが・・・・
というのも、ARMYのR85にG&Gのコッキングハンドルを、移植しました。
無加工で、付くぐらい、そっくりさんです。

中身も。。ほとんど同じですので
まるっきり、流用します

流速チューンですが、当方は知識なんか、ありゃしません

なんでも、70メートル以上飛ぶとか(ほんまかいな)
魅力的な言葉が並んでましたので
チャレンジいたします。

ネットの情報を参考に、組み上げました



外見、こんな感じです。
もともと、いじってましたので
メカボックス部ですが
モーターは、マルイの30000モーター
8ミリベヤリング軸受けに変更(G&Gは元々8ミリ軸受け)
ギヤは、UFCのR85用ギヤセットを使用し、セクターギヤを削って、14歯用のギヤにしてます。

シリンダー部です。

ver3のベヤリングスプリングガイド
KM企画のPSG-1用のワープシリンダー
SHSのM120のスプリング
どっかの??フルアルミピストン
ガンスミスバトンのヘビーウエイトピストンヘッド
タペットは、ノーマルのまま
ノズルは、ファイヤーフライのでんでん虫です。
G&Gの真鍮のシリンダーヘッド
です。


シリンダーヘッドの中に
この、ガンスミスバトンさんのインナーパイプを入れました

結果を先に言うと、入れなければ初速が恐ろしいことに。。
いろんな効果があるようなのですが、
私は初速を下げる目的で入れてます




いやぁ、しかしこのシリンダーヘッドは
よくぞ、発売してくれたと思いました。
なにげに、G&Gのホームページ見てたら
ありましたので、速攻発注しました。

画像のとおり、でんでん虫でもΦノズルでも
仕切りがないので、使えます
多分ですが、流速チューンの強い衝撃も耐えてくれるでしょう

こちらは、ARMYのR85 ご覧のとおり
ARMYにこのシリンダーヘッドの取り付けを行うには
メカボックスとの結合部分をやすりなどで、加工しないと
取り付きません
そっくりなのですが、この部分の結合が違います



バレル部です。

Laylax のM4用メタルチャンバー
ファイヤーフライ なまず 辛口
ORGA Magnus HDバレル 280ミリです。
バレルが非常に便利です。
ホップパッキンの溝が、真横にも切ってあるので
ホップパッキンを削らなくても、フラット面を使えます

このような、レシピで組み上げました

初速やら、なんやらは
又次回、仕事が少なく
事務所にじっとできれば、書きます(笑)

それでは、身内ゲーマーの
ごく、一部の為に書きました(笑)
とうとう、我がチームもL85が5名 ふふふ

それでは、また。


  

Posted by SS-9 at 16:18Comments(4)