2014年01月05日

80年代コスプレ

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年お世話になった方々、本当にありがとうございました
今年も、フィールドに、ネットは時々出没しますので、よろしくお願いします。

昨年末より、ずっと銃を整備してまして、手がグリス臭くていけません
長期休暇の醍醐味でしょうね

昨年も、散財した年でもありました。
軍装では、MTPを購入しました。。
実物を購入しても、いまだに、マルチカモとの違いが一目ではわかりませんface03

そして、サバゲではファーストさんの、フィールドのブッシュマスターに、一月に一度ぐらいのペースで
お邪魔させていただくようになりました。

ブッシュマスターはかなり広く、射程距離も長い為、好みの中距離戦は難しく
愛用のL85を流速にして、高電圧バッテリーを使用し、接点から、バチバチ火花が散るので
ショットキーバリアダイオードを増設したり、FETを使用したりと。。。
色々、実験した年でもありました。

また、実年齢の中年化が進み
若い子に、物事を教える楽しさを覚えてしまい
今までの、知識と経験を押し付けるという、遊びをしています

まぁ、あれですね、ゴルフ場で頼んでもいないのに、クラブの握り方や、打ち方をあれこれ
教授する、”先生”と言われる、迷惑老人と一緒ですね (笑)

もちろん、ゴルフなんかしたことありませんが。。

私のチーム内に所属してしまった若者は、表向きでも、うれしそうに聞いてください
中年オヤジは、それだけで幸せになります。



さて、今日の本題です



フォークランド紛争と言えば、この写真
80年代の軍装について、考えたいと思います。

最近、エアーガンではKing Arms のL1A1が再販されますたが、即効売り切れたとか
いよいよ、スターリングが、発売される予定など
潜在的には、イギリス軍ファンは多いと思うのですが
参考のひとつにでもなればと、思います。

インターネットが当たり前の現代とちがって、資料が本当に少なく
このときに軍装がどうなのか、いまいち分からないので
なんとなく、資料を集めた次第です

さらに、困難な、RAF Regiment  空軍連隊の戦闘服を考えます

迷彩服は、この2種類 左が、P-68、右がトロピカル と言われるものです
他にも、デニソンパターンが、第二次世界大戦に開発されており
そちらの可能性もありますが。。
元々、海兵隊と、空挺部隊に支給されていたので、RAFregimentには、おそらく支給されていないと思います。

85年以降はP-85というのが、出てきますが
フォークランド紛争は、1982年ですので。。
この2種類の使用と思います。

画像の左側にある、トロピカルは、熱帯地方用の服です
これも、かなりの数、マイナーチェンジがあるようで、たぶん、私の所有しているものは
かなり、後期のパターンだと思います。。記憶的には、初期パターンは黄色が強く出ていると思います。

フォークランドは、南極圏ですので、トロピカルなんぞ着てたら、凍えてしまうので
P-68を使用していました。


フォークランド紛争に参戦した、63戦隊の写真です
記章をどうつけているのか?というのに参考になりますが

一番左の、彼が右肩にブラサード(腕章)を付けており、そのブラサードに部隊章を貼り付けています

63戦隊の部隊章は、これですから、おそらく間違いないかと・・・

さらに、肩のエポーレットにランクスライドが見えます。

肩のエポーレットに、階級章が見えますので、肩には下士官であっても、ランクスライドを付けるということかな?
前の写真、右の彼が、肩のところに制服用の階級章が縫ってるので。。自信がありません


トロピカルパターンの映像ですが、右奥の2名
空軍用の空挺資格章が縫い付けてあります。

米空軍との、訓練ですが
肩のエポーレットに、ランクスライド、右肩に空軍の空挺章と、2戦隊の部隊章(大きい方)が縫い付けてあります

結構、資料を探しましたが、左肩には、国旗も縫いつけられていません

この当時なのですが、米軍も国旗を縫い付けていることも、なかったですので。。
軍服に国旗を付けるということは、なかったのでは、無いかと思います。

ですので、このい当時の、軍服は
P-68か、トロピカル

記章は、右肩にODのブラサードをつけて、空挺資格章と、部隊章を縫い付けて
肩のエポーレットには、RAF REGIMENTのランクスライドを付けるのが
軍装としては、無難なのでは、無いかと思います。

のんびりと、更新しますので
今年も皆様、よろしくお願いします。

それでは。
















同じカテゴリー(Raf Regiment)の記事画像
RAF regiment ~空軍連隊~その2
RAF regiment ~空軍連隊~
同じカテゴリー(Raf Regiment)の記事
 RAF regiment ~空軍連隊~その2 (2011-01-10 09:06)
 RAF regiment ~空軍連隊~ (2011-01-09 08:57)
この記事へのコメント
あけおめです!
さすが80年代英国装備はしぶいですね!
でも現代でも普通に通用しそうな所が洗練されてていいですね。
80年代ソ連のアフガン装備とかまるで2次大戦装備ですからね(笑)
今年も宜しくお願いします!
Posted by e@g1ee@g1e at 2014年01月10日 00:07
e@gleさん

あけおめです
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

80年代は、夢がありました・・・(笑)
ソ連の装備は、まったくわからないけど
やはり、横じまのシャツが輝いて見えます

今年も、一緒に楽しみましょう
Posted by SS-9SS-9 at 2014年01月11日 22:41
成人式も過ぎ今更ですが、本年も宜しくお願い申し上げます。

フォークランド紛争.....エグゾゼで艦船が沈んだとか未だに思い出します。

この時期というと、SASだとかRMだとかが矢鱈にクローズアップされていますが、RAFで突っ込みとは恐れ入りました。

これからの続きを楽しみにしております。
Posted by Kafu'Kafu' at 2014年01月15日 01:31
Kafuさん、こんばんは

スターリングの電動が発売予定?と聞いて
なんとなく、調べました。。

しかし、資料が本当に少ないです。。

80年代イギリス兵が自分自身の軍装のゴールと、思っているので
頑張ります。

しかし、古いおっさんなのでしょうが。。

後ろから、エアホースの出ていないスターリングが、想像できません(笑)
Posted by SS-9SS-9 at 2014年01月17日 18:18
今年も宜しくお願いいたします~

80年代のRAFですか・・またまたコアな・・(w

英軍で部隊章を戦闘服にバリバリに貼るのはつい最近からですからね・・80年代は難しそうです。80年代だと冷戦期で,軍備縮小前ですから,部隊もしこたま種類がありますし・・(汗

90年代のボスニアやコソボでも,まだブラザードに部隊章・階級章・資格章・職種章を並べて付けてましたから・・

ここ最近のアフガニスタンでかなり被服や装備も変わってしまいましたから・・80年代の英軍というのが本流の英軍という気もします。

80年代のRAFだと・・兵器でランチェスターとか残ってそうですよね?(ww
Posted by フォックスロットデルタフォックスロットデルタ at 2014年01月23日 11:47
兵器→平気・・でした・・(汗
Posted by フォックスロットデルタフォックスロットデルタ at 2014年01月23日 11:48
FDさんこんばんは

80年代RAF、かなりコアです。。
資料なんか、全然見当たらないですしね。。

部隊もしこたまあります、空挺のパスファインダー小隊なんぞ、ブラックアローとホワイトアローなんで、別れてるんだと。。(笑)

ブラサードに階級章等を付けるのが、もっとも無難だと思います
女性の教官で、スペースがないぐらい、職種章ついてる方もいますし。。

ランチェスターwww いやぁ、さすがに、と言いたいですが
残っている気がしますwww
兵器ですが、かわいらしいですよね
Posted by SS-9SS-9 at 2014年01月27日 18:52
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。